ホーム > ビフィズス菌 > ビフィズス菌を元気にすることから

ビフィズス菌を元気にすることから

腸内細菌のバランスの変化は、毎日の食事や生活習慣によっても変わりますし、精神面の影響も受けます。

 

悪玉菌と言われる体の健康に良くない腸内細菌が増えると、便秘・下痢など排便をすっきりできない日が多くなりますし、体の免疫力の低下、様々な病気の原因となりますから、好ましくありません。妊娠中の便秘解消法の奥の手を見つけました!

 

人間の腸内には100兆個の腸内細菌が棲んでいるといわれていますが、その総和はあまり変わらないようです。

 

しかし、その中で善玉菌、悪玉菌また日和見菌の比率というのは絶えず変化しています。

 

ですから、善玉菌を活発にすれば、自然と悪玉菌を弱くなります。それで腸内環境を改善するためには、まずは善玉菌を元気にすることから始めるということになります。

 

善玉菌の中でもビフィズス菌は良く知られています。ビフィズス菌と一口に言っても何十もの種類があるようですが、ビフィズス菌を増やす方法として大きく分けるとプロバイオティクスとプレバイオティクスがあります。

 

プロバイオティクスとは、食べ物(飲み物)を通して外部から菌を取り込むことであり、プレバイオティクスはもともと腸にいる菌を活発化させる食べ物などを取り込むことです。

 

両方を併用するなら腸内環境にとっての効果も高まります。

 

便秘を改善するというと、食事や運動のことがまず思い浮かびますが、もう少し踏み込んで調べるとこうした腸内環境のことまでつながっていくわけです。

 

根本から便秘を改善するためには、やはりこのようなことも勉強しておく必要があるかもしれません。


関連記事

  1. 今はおなかの調子が悪い

    今はおなかの調子が悪い状態です。 どう調子が悪いかといいますと、別に壊しているわ...

  2. ビフィズス菌を元気にすることから

    腸内細菌のバランスの変化は、毎日の食事や生活習慣によっても変わりますし、精神面の...